事業案内

事業案内

農作物生産

キュウリ

私たち「大塚昌福農園」は、宮崎県ブランドキュウリ「ワンタッチキュウリ」を土づくりからこだわって栽培しています。
ワンタッチキュウリとは、ハウス内でキュウリを厳選しながら収穫し、そのまま箱に詰めて出荷するキュウリ。店頭で箱を開封して販売するので、収穫してからお客様に届くまでに一度しか手に触れていないことからその名が付きました。
自慢のキュウリはJAを通して、関東、関西、中京へこだわりのキュウリとして出荷されています。

10月初旬にキュウリの苗をビニールハウスに植えて11月初旬から収穫を始め、翌年の5月末から6月初旬にかけて収穫を続けます。
キュウリの実は一日で30%ほど重量が増大するために、収穫が始まったら一日も欠かさず収穫を続けなければなりません。1シーズンで全部合わせると約100万本のキュウリを収穫、出荷します。
※ 画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。

(主食用米、加工用米、飼料用米、飼料用稲、飼料用作物)

中山間地域という平野部に比べてあまり条件的に恵まれていない中で約22haの水田で耕作を行っています。
農地が一か所に集積していないのもあって、主食用米、加工用米、飼料用米、飼料用稲などをじきをずらして栽培し、労力の分散を図っています。
また、米の収穫が終わると長期間水田に作物が何もない状態になってしまうので、二毛作で飼料用作物を栽培するなどの取り組みを行っています。

資格取得支援

農業盛んなこの地も他の農村地域同様に、営農者の高齢化や担い手不足による耕作放棄地や遊休地が増加しています。これらを利用している私たちは必然的に規模を拡大する流れとなりました。生産体制の強化のためにも、新しく農作業スタッフを募集しています。
ワンタッチキュウリの生産には、温度管理や整枝などの技術を要しますが、農業未経験の方でもイチから技術を指導していきますので、ご安心ください。慣れてきましたら、ハウス1つの生産を1人に任せるようなやりがいのある体制も現在考えています。
業務に必要となる大型特殊免許などの取得するとき、会社からの助成がありますので、ぜひ挑戦してあなたの活躍の場をひろげてください!すでにお持ちの方は資格手当の支給という形で優遇いたします。スタッフみんなが協力し合いながら和気あいあいと働く現場。新しく加わるスタッフの方もきっとすぐに馴染んでいただけると思います。
▶︎ 求人情報とエントリーはこちら

独立起業支援

私たちの農園で長く働いてくださる方はもちろん、独立起業して自分の農園を持ちたい!というやる気あふれる方も大歓迎☆実際に大塚昌福農園代表のもとで修業し、独立起業したスタッフが、大塚昌福農園法人化にあたって、戻ってきて働いていますので、独立のノウハウなどを聞くこともできますよ!
現場の雰囲気は良い意味で「自由」。1つのハウスを任せていきたいという方針には同時に、責任を持って働いていただきたいという意味があります。また、法人化したことから、会社として、スタッフが働きやすい環境を整備し、家庭やプライベートも大切にできる働き方をできる環境を目指しています。農園は自然豊かな山間にありますが、日南の市街地へは車で10分ほど。賃貸物件やスーパー、コンビニ、病院などの生活に必要な施設は全て揃っていますので、生活に不便はありません。
遊休農地の活用により地域にも貢献する農園です。意欲ある方のご応募お待ちしています!
▶︎ 求人情報とエントリーはこちら